現在サイトの改装中です。一部写真のみの表示になりますので、詳しくは0997-46-3021までご連絡ください。

ようこそ屋久島グリーンホテル売店へ

このページでは屋久島のお土産を紹介していきます

屋久島の特産物は主に屋久杉を使った工芸品から、フルーツはたんかん、ポンカン、魚は水揚げが日本一のトビウオ、鯖(サバ)とそれを加工した鯖節、お酒は芋焼酎と、魅力ある特産物が豊富です。

店舗営業時間は 午前7時30分~10時30分  午後4時~9時 までとなっております。

屋久島の特産品

夏が旬のトロピカルフルーツ  パッションフルーツとは

 

蔓性多年生のブラジとル原産熱帯果樹で花が時計のように見えることから屋久島では『時計草』と呼ばれ、親しまれている果物です。

そのまま食べたりジュースにしたりソースにしたり様々な食べ方を楽しむことができます。

 

食べ方は表面がシワシワになり柔らかくなってきた頃で、そのぐらいが一番糖度が高く酸味も程よくなります。

 

タンカン ポンカン とは

タンカンは、ポンカンとネーブルオレンジの自然交配種になります。

 

皮と果肉が離れにくいですが、果肉はオレンジ色で柔らかく多汁で、酸味はオレンジより少なく、甘味に富み風味が良いです。

 

屋久島は昼夜の気温の差が大きく、年間平均気温19~20度という好気候のもとで栽培されるために、果肉もやわらかく糖度・香り共に最高品質のものが出来上がります。タンカンの生産量が日本一の鹿児島県のその多くが屋久島産のものです。

 

ポンカンは12月から1月までであり、2月から3月がタンカンの時期です。

鯖なまり節

 

屋久島では鯖、飛魚が特産品になります。

 

特にその鯖を使って作られたサバ節は有名です。サバ節は屋久島近海のごま鯖を鮮度の良い状態で処理加工、ボイルし燻製にしたものです。

 

屋久杉工芸品

 

一般に、杉の樹齢は長くても500年程度ですが、屋久杉は桁外れに長く、樹齢2,000年以上の大木が多く生育しています。このうち一般的に樹齢1,000年以上のものを屋久杉といいます。

 

当店ではこの貴重な屋久杉を使ったお土産を多数取り揃えております。

トップ写真はウィルソン株の写真になります